One for all, All for one.

今日は開智出身の山﨑勇輝先輩(現在筑波大学医学部)がお話に来てくれました。

≪6年女子≫

お医者さんとして、

人を助けるということは、人の命を預かるということなので、

人の命についての仕事として、責任を持つことが大切だ! と言うことや、

病気にだけ目を向ける のではなく、

患者さんに寄り添うこと が大切だということがわかりました。

 

≪6年女子≫

心臓マッサージについてどれぐらいの力で行っているのかな?

ノートの話が出たけれど、勉強していた時、

ノートの使い方はどの様にしていたのかな?

などの質問もしたかったです。

(時間が無かったのでできませんでした今度質問します)

 

≪6年男子≫

英語の学習の大切さがわかりました。

お医者さんは、それぞれの患者さんのために、

最も新しい治療方法をいつでも勉強していて、

そのため英語が必要だとわかりました。

この考え方は、お医者さんだけでなく、

どんな仕事でも同じだということも分かりました。

 

今日は面白いお話、ありがとうございました!!!

関連記事

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930