2019年 4月 の投稿一覧

なすの校長先生へ

なすの校長先生へ
昨日は東岩槻までおくってくださりありがとうございました
朝の会に間に合い 代表委員のとうひょうにギリギリ間に合いました
そして 代表委員になれたので みんなの意見を聞いて それを実現し
みんなの笑顔あふれる開智をつくっていきたいです
もうぜったいちこくしません

お母様からもていねいなお手紙をいただきました

子どもがニコニコしながら帰ってきて
「2つイイコトがあった」と 満面の笑顔
1つは代表委員に選ばれたこと
もうひとつは校長先生が学校まで送ってくれたこと
ご迷惑かけないよう気をつけます   母より

お子さん(たち)はしっかりしていますね
駅で会うと「校長先生ですね」と顔を合わせて確認し 確かめてから
(これ とても大事なことです)車に乗り
「申し訳ありません ありがとうございます」と・・・

こうした一つひとつの関わり合いの中で私たちは支え 支えられて信頼
を生みだしていくのだと思います

総合部の歌

教員から声をかけられました

「通学バスの中で1年生たちが 覚えたての総合部の歌を大きな声で歌っています
先生 私注意出来ませんでした それでよかったのでしょうか」

それは 心温まるお話です
まずは 開智小学校のことが そんなに好きなの・・・ ありがとうですね
声の大きさ 回数 場所をわきまえることなどは
これから話し合っていくようにしましょう

総合部の歌は 子どもたちが 自分たちで つくり育てているもの
いくつかの候補の中から 投票で一期生の候補曲が 選ばれました
集会や式の際 みんなで歌っています

新8年生の保護者からの手紙

先日のTeam代表の選挙に向けて娘が準備した原稿を、総合部を愛する気持ちから娘には内緒で送らせてもらいました
「総合部に出会えてよかった」そう思います
立候補の決意は、運動会の優勝や球技大会の勝利を力強く言うようにと声をかけると、
娘は「一位になること 勝利することが本当の勝利ではないんだよ」
「優勝したいからといって 失敗したり上手く出来ない人を悪く言ったりじゃだめなんだよ」
「出来ない人を励ましたり 一緒に頑張ったり あきらめずに最後までやり抜く そうした中で 皆の気持ちが一つになっていくんだ それが本当の勝利なんだから」と言うのです
これからもたくさんのお子さんが異学年という環境で貴重な経験をし、成長していかれることと思います
本当に嬉しく思います これからも厳しいご指導宜しくお願いします

原稿は「内緒で」ということなので今回は載せずにおきますが、感動のスピーチのなか、選挙は娘さんの圧勝だったことだけ確認します
総合部は8年生を経験してこその総合部「娘さんの成長はむしろこれから」です
楽しみですね
お手紙ありがとうございました

新年度を迎えて ~新5年生からの手紙~

新5年生の女の子から、お手紙をもらいました。

先生は本を読むとき どこで読まれますか
私は 物語に入りこめるよう 静かなところで読むのが好きです
でも 読書スペースは しきりがなく 本に集中できない時があります
そこでお願いです
私はこの4月にセカンダリーになりますが 本の好きなプライマリー生のために
静かに本を読める場所を作ってもらえませんか

早速 先生方が読書コーナーをつくってくれました

構造は変えられませんが 「変える」は表現されていると思います

静けさと活気の共存
活気のある授業は ある種の静けさと落ち着きを感じさせるものです