2018年 4月 の投稿一覧

偶然の家族

「総合部は偶然の家族」と先生が言っていたこと
今、よくわかりますと 卒業生が言ってくれました

ここは仲間と出会い一緒に学ぶ「みんなのいえ」 

こころがポカポカする言葉を集めたTeam(プライマリー)
がありました ベスト3を紹介します

「ありがとう」
「ごめんなさい」
そして「一緒にあそぼう」

みなさんの家ではどんな言葉を大切にしていますか

あるセカンダリーの教室から

パッと机が揃う 友達の分まで・・・ ゴミなんて論外

 「先生がいなくても25分は授業 私たちで回せるよ」

なぜそんなに意欲的に学習できるの?

 「この教室にいるとそうなってしまうんだ」
 「楽しいからだけど 何か」

自分たちで規律を生んでいる
消しゴムのカスを嬉しそうに片付けて この1時間に感謝
頑張った自分を少しだけ褒めてあげたいような

全員のストーリーが描ける先生でよかったね
全員に願いをもってくれる先生でよかったね

子ども中心の学校

徹底して子ども中心でいくということは、
小さな出来事でも、皆で集まって、
話し、考え、解決策を生み出していくということ

今年度、セカンダリー集会は、児童・生徒会主催になります

自律

「自律」は、総合部のキイワードのひとつです。

「自律」とは人の痛みがわかる感受性のこと。

ですから、まずは教えてもらうという謙虚な姿勢が大切です。

豊かな学びを獲得した人で威張っている人を見たことありませんよね。

「学びのすべては校長に責任がある」

このメッセージは、外に向けてのメッセージであると同時に、
教職員に向けて、2つのことを言っています。

1つは、
「思いきりやってください。責任は私がとります」ということ。

もう1つは、「それぞれの教員にそれぞれの責任がある」ということです。

その際の、問いかけはひとつです
「目の前の子どもの学力を伸ばしていますか」
要するに
「あなた自身が学んでいますか」というものです。

新年度を迎えて

開智小学校(総合部)は

広い世界とつながるために、

「知りたい」「やりたい」を大切にして、

世界に通用する『ことば』を自分でつかみとる場所です。

みんなで 楽しく 知りたいを究める協働体として、

これからも学校づくりに取り組んでいきます。