2017年 12月 の投稿一覧

それぞれの想いで創りあげる「Team」(偶然の家族)

在校生の作文より

私は、TeamがIrisに決まり、「Iris」の意味が「虹の女神」と知ったので、次のような俳句を作りました。「Irisは 開智にかかる 虹の女神」私がこの俳句に込めた思いは、これからの1年間、Irisの一人ひとりがどんなことにも全力で挑戦し、そのときに出る汗となみだの結晶が先生という大きな太陽の光に照らされて、開智の空に大きな美しい虹がかかるようになったらすてきだなと思い、この俳句を作りました。お互いを思いやる温かい心やみんなの笑顔で明るいTeamを作っていきたいです。

開智発表会にむけて各Teamの想いをもう一度確認してみよう。

総合部の英語教育について

総合部の英語で目指すものは「使える英語」です。
軸は変わらないのですが、ゼロベースで見直すくらいの気持ちで、進むべき「方向」の再確認を始めています。その際のポイントとして「数値化」は必須。

総合部の英語に必要な力量のひとつ、「断片を拾い集めて、まとまった文章を書ける力」
その力をつけるために総合部の教育場面を活用した総合部4skillsを考えてみるとどんな提案ができるでしょう。

ⅰ プレゼン・スピーチのスキル
総合部の教育活動の具体的な場面と連動して、特に「探究」
ⅰ ディベート・ディスカッションのスキル
課題発見、議論、解決策の実施といった探究型の学びの推進
ⅰ ドラマのスキル
表現の授業と連動して
ⅰ スコアメイクのスキル(それ自体が目的ではない)
英検・GTECなどの外部試験の数値目標の達成

これまでの実践を一度整理してみたいという提案です。