総合部卒業生からの報告 その3

総合部から一貫部に進学し、この9月からUWC(IBディプロマ)へ留学した小宮さんからの報告(続き)です。

こちらでの英語はひとつの言語・手段でしかなく「できるできない」なんていう概念があ
りません(私はまだ「教科」という感覚から抜け出していない自分を感じます)
開智では、模試でも上位5名には入っていましたが 話に追いつくのが精一杯
そもそも 英語が「できる」ということ自体おかしいですよね 言語ですから
知識があっても使う機会がなければ何のための勉強なんだろうと思います
イギリスにきてやっとアウトプットを始めた感じです

コミュニケーションとは以下の①+②+③
①人の話を聞くこと 「主体的」とはこの姿勢のことをいうのだと思います
②自ら考え自分の考えを持ち それを人に伝えること
③読み解く力を獲得すること 科学・数学・工学・・・

そう簡単には わかりあえたりしないから 懸命に話し 互いに向き合うんですよね
総合部では「英語は実技だ」と強調しています

SNSでもご購読できます。