おもいっきり遊び、じっくり学ぶ

探究発表会

2学期がスタートし、総合部の校舎に子どもたちの元気な声が戻ってきました。

2学期最初の大きな行事が「探究発表会」です。

これは、開智総合部のプライマリー児童(1~4年生)が、夏休みの間に取り組んだ「探究学習」の成果を一人ひとりプレゼンテーションするものです。
一人ひとり設定する「探究テーマ」に制限はありません。
自分の興味関心があること、疑問に思ったことであれば、なんでもOKです。

「どんな折り方の紙飛行機がよくとぶのか?」
「どうしたら交通事故をなくせるのか?」
「カメラの中はどうなっているの?」
「カルタの試合に勝つには?」

子ども達は、子どもらしい視点で、様々なテーマを設定します。
大人が与えた課題ではなく、自分が知りたいことだからこそ、夢中になって取り組むことができるのです。

夏休みの間に、見て・聞いて・調べたことを、模造紙にまとめてプレゼンテーションを作ります。
1年生にとってはとてもハードルの高いことかもしれませんが、
小さいうちから、自分の考えを整理して発表することを通して、思考力・表現力・発信力を高めることができます。

探究発表会は異学年齢のティームで行います。
4年生は最上級生として、大人顔負けの立派なプレゼンテーションを披露します。その発表を見て、下級生は刺激を受け、来年の探究発表のヒントを得ます。ここにも開智の異学年齢の良さが発揮されています。

発表会の様子はこちら

関連記事

アーカイブ

2018年6月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930