おもいっきり遊び、じっくり学ぶ

開智ならではの授業 ~『パーソナル』~

総合部プライマリーには「パーソナル」という授業があります。これはその名のとおり、「一人ひとりが自分で計画し、自分で実行する」という、総合部独自の授業です。近年、様々なところで「主体的な学び」の重要性が叫ばれていますが、開智の「パーソナル」はまさにその「主体的に学ぶ力」を身につけるための授業なのです。

4月は、これから取り組むパーソナルのテーマを決め、計画をたてました。子どもたちは自分の興味関心にあわせて、パーソナルで取り組むテーマを決めます。あるティームでは、将来の夢を起点にしてパーソナルの計画づくりに取り組みました。「将来獣医さんになりたいから動物のことに詳しくなりたい」「英語の先生になりたいから英単語をたくさん覚えたい」子どもたちによってテーマは様々です。

テーマを決めたら、どのように学びを進めていくのかを自分で考えます。先生に与えられた課題に取り組むのではなく、自分がどのように学んだら楽しいのか、どのように学んだら自分の力につながるのかを考えて計画を立てます。例えば、「インターネットで調べたことを、絵と文でノートにまとめて自分だけのオリジナル動物図鑑を作ろう」「マンガを描くのが好きだから、英語を使ってマンガを描こう」というように自分ならではの方法で学習を進めていくのです。このようにして課題を自分で決めていくので、子どもたちはとても意欲的に楽しく学ぶことができます。そして、定期的に振り返りを行いながら、計画を練り直すこともあります。その際には、教員が子どもたちと相談しながら、パーソナルの学習をサポートしています。

与えられた課題にこたえる力だけではなく、自分で課題を設定し、自分で学ぶ力をつけるのが、総合部の「パーソナル」なのです。5月から、いよいよ今年度の「パーソナル」の学習がスタートします。子どもたちが取り組む「パーソナル」は、どれもが世界に一つだけしかない授業です。今年はどんな「パーソナル」が生まれるのか、楽しみです。

関連記事

アーカイブ

2018年9月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930